桜井紀雄が見る劇場型半島

元東方神起は性交渉詐欺? トップ俳優やサムスン会長まで…韓国で性的スキャンダルが相次ぐのはなぜなのか

 事件直後に女性が知人に送った携帯電話のメッセージから裏付けられたとしている。メッセージには「2千万ウォン(約180万円)を渡すと約束した」との記載があったとも報じられた。

 ユチョンさんが所属する事務所側は「買春の事実は全くなく、受け入れられない」と主張し、未確認の事実を報じたメディアを訴える構えを見せているが、ユチョンさんの芸能活動復帰は赤信号がともったと言わざるを得ない。

 「トイレに対する執着」が注目され、イメージが傷ついたばかりでなく、兵役に代えて江南区庁への服務期間中に行為に及んでいたことが非難を浴びた。

 女性が証拠として提出した下着からユチョンさんのDNA型が検出され、性的行為に及んだことは、言い逃れできない事実として残る。

嘘発見器に出国禁止も結果は冤罪?

 ユチョンさんの書類送検が発表された15日には、今度は人気俳優、イ・ジヌクさん(34)が、「性的暴行を受けた」として30代の女性から告訴されたことが報じられた。

 ジヌクさんは、多数の映画やドラマ、CMで活躍し、「冬のソナタ」で日本でも人気となった女優のチェ・ジウさんと交際していたことでも知られる。

 女性側の訴えによると、12日夜に女性宅で一緒に食事をした後、再び訪れたジヌクさんから「性的暴行を受けた」という主張だった。