正論

必修化盛られた小学校のプログラミング教育の問題点とは 同志社大学教授・三木光範

 有識者会議は、「プログラミング的思考」を、自分の意図を実現するための手順を論理的に考える力と定義。職業に関係なく必要として、各教科の中でコンピューターに指示することを体験させながら育成するという。これに対して、私は「プログラミング的思考」は、従来の教科の中でコンピューターへの指示など無しで養うのが良いと思う。小学生が好奇心を持つように指導方法を変え、情報機器を道具として使いながら、各児童が各教科の目標を達成する計画を論理的かつ主体的に立案するのが良い。

 ただし、小学生がプログラミングを好きになり、大きく成長するきっかけになることや、ICT(情報通信技術)産業に貢献する人が増えることは否定しない。このため、プログラミング教育を入り口部分だけ必修とし、興味を持った子供が深く学べる選択性にするのが良い。プログラミングにたけた子供を早く見つけ、レベルの高い教育を行うことは産業活性化のためにも重要なことである。(同志社大学教授・三木光範・みき みつのり)