リオ五輪

古代五輪はみ〜んな全裸!? 女性だけの五輪もあった!? 五輪ビックリ情報

 リオ五輪開幕を前に、メダル獲得が確実視されていた選手が不祥事により出場停止になったニュースは記憶に新しい。賛否両論あるが、国を代表する闘いとなる五輪には、しばし風紀が求められるものである。しかしながら、近代五輪の前身である古代五輪は、現在でいう風紀の乱れの象徴ともいえる全裸で行われていたことをご存じだろうか。「教えて!goo」「古代ギリシャ人は、人前で全裸でいても恥ずかしくなかったのですか」という質問が寄せられていた。

 この質問に対して寄せられた回答は、「人前で裸になるのは慎むべきことだという考えはあったと思います。ただ、後年のキリスト教的な禁欲主義は無かったと思いますから、ある程度のおおらかさがあったのは事実だと思います」(cdsdasdsさん)、「恥の概念は、国や年代によって違うと思います」(noname#25898さん)、「裸を恥ずかしいと思う感覚はキリスト教の影響で、ローマ人も男女混浴で風呂に入っておりますし、わが国でも銭湯は当然のことながら混浴、人前で全裸を晒すことになります」(Kindon98さん)などだった。

会員限定記事会員サービス詳細