東京都知事選

取材対応はいっさいナシ 鳥越俊太郎氏を推薦した民進党執行部

【東京都知事選】取材対応はいっさいナシ 鳥越俊太郎氏を推薦した民進党執行部
【東京都知事選】取材対応はいっさいナシ 鳥越俊太郎氏を推薦した民進党執行部
その他の写真を見る (1/4枚)

 東京都知事選でジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)を推薦した民進党執行部は31日夜、鳥越氏が敗れた結果について、記者会見やコメントの発表など、正式な取材対応を一切行わなかった。

 党内で取材対応を事前に予告し、正式な形で記者団に答えたのは、松原仁都連会長のみ。長妻昭代表代行(衆院東京7区)も都内の鳥越氏の選対事務所で取材に応じたが、民進党都連の所属議員という立場によるものだった。鳥越氏を担いだ野党4党のなかで、党執行部が事前予告のうえ記者団の取材に応じたのは、共産党の小池晃書記局長だけだった。

 松原氏は、民進党の岡田克也代表が都知事選の投票日前日に9月の代表選への不出馬を表明したことについて「選挙戦の最終日に、なぜ鳥越候補を擁立する中心であった岡田氏が、出処進退に言及されたのか。極めて理解に苦しむ部分があった」と猛批判した。

会員限定記事会員サービス詳細