経済インサイド

東京・西日暮里製の高級畳がUAE・ドバイに大量輸出 イグサの香りと自然な風合いが欧州でもブームに…

【経済インサイド】東京・西日暮里製の高級畳がUAE・ドバイに大量輸出 イグサの香りと自然な風合いが欧州でもブームに…
【経済インサイド】東京・西日暮里製の高級畳がUAE・ドバイに大量輸出 イグサの香りと自然な風合いが欧州でもブームに…
その他の写真を見る (1/4枚)

 人口減少などにより国内市場が縮小していく中、畳店や小物雑貨など内需依存の中小・零細企業が海外市場に目を向け始めた。海外が認める高品質・高付加価値ブランド「メード・イン・ジャパン」に、手作りにこだわる熟練職人が創り出した本物志向が加われば、海外で受け入れられると判断したからだ。増加する訪日外国人客やインターネット環境の整備による電子商取引の拡大も追い風だ。

                  ◇

 6月21日、日本固有の文化といえる畳が東京・西日暮里の畳店からアラブ首長国連邦(UAE)のドバイに向けて運び出された。新国立競技場の当初案をデザインしたザハ・ハディド氏が設計したオペラハウス内の日本料理店から急遽、注文が入り製作した。

 2代目の森田精一氏が代表を務める森田畳店には海外から電話やインターネットを通じて頻繁に注文や問い合わせが入る。輸出担当で3代目の隆志氏は「24日にはドイツの禅道場向けに特大畳を30枚送る。このほかにドイツとイタリアにも輸出する」とカレンダーを眺めながら指を折る。6月の輸出は4件で出荷先は3カ国。5月は9件で相手国は全て違った。