伊丹の盆踊りといえば「ビューティフル・サンデー」 今夏はついに田中星児さんも参加 すばらしいサンデーに!

 仕掛け人は、伊丹民謡協会長の小野敏夫さん(82)。当時、たまたま訪れた同県尼崎市内の盆踊り会場で流れていたのが「ビューティフル・サンデー」だった。大ヒット中とあって大人も子供も一緒になって踊っていた。「伊丹の盆踊りは音頭ばかりで大人向け。中高生に親しみのある曲を流せばみんなで楽しめると思った」と振り返る。

 小野さんの狙いは的中。曲に合わせて手をかざしたり、腰を振ったりする簡単な振り付けにしたことで若者にも受け入れられ、市内で5、6カ所だった盆踊り会場も42カ所にまで増えた。

 田中さんにとっても同曲リリースから40年の節目。市関係者らから出演要請を受け、「ずっと伊丹で踊られていたことを知り、うれしい。ぜひみんなで歌って踊りたい」と同まつりへの参加を快諾したという。

 同まつりの盆踊りは市立伊丹小学校(同市船原)で午後7時ごろ開始で、田中さんは同8時ごろに出演予定。同市の関係者らも「今年は特別な盆踊りになりそうだ」と期待を寄せている。

会員限定記事会員サービス詳細