東京株続落、終値は237円安 円高104円前半で下げ幅拡大

 26日の東京株式市場は大幅続落した。日経平均株価の終値は、前日比237円25銭安の1万6383円04銭。終値としては今月13日以来、ほぼ半月ぶりの安値水準となった。

 終日軟調。対ドル円相場が朝方の105円台後半から104円台前半へと1円以上も円高ドル安が進んだことを投資家が嫌って、大きく売られた。日経平均株価の安値は午後につけた297円安だった。

 東証株価指数(TOPIX)の終値は、前日比18.42ポイント安の1306.94。

会員限定記事会員サービス詳細