東京都知事選終盤情勢調査

小池百合子氏がリード保つ 追う増田寛也氏 鳥越俊太郎氏は伸び悩む

【東京都知事選終盤情勢調査】小池百合子氏がリード保つ 追う増田寛也氏 鳥越俊太郎氏は伸び悩む
【東京都知事選終盤情勢調査】小池百合子氏がリード保つ 追う増田寛也氏 鳥越俊太郎氏は伸び悩む
その他の写真を見る (1/3枚)

 舛添要一前東京都知事の辞職に伴う都知事選(31日投開票)で、産経新聞社は23、24両日、電話世論調査を実施し、取材を踏まえて終盤情勢を探った。元防衛相の小池百合子氏(64)がリードを保っており、元総務相の増田寛也氏(64)=自民、公明、日こ推薦=が追う展開となっている。ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)=民進、共産、社民、生活推薦=は伸び悩んでいる。まだ投票先を決めていない約3割の有権者の動向も注目される。

 小池氏と増田氏の間で17年ぶりの分裂選挙となった自民党。組織的な支援を受ける増田氏が同党支持層の4割弱を固め、前回調査(16、17両日実施)で後塵(こうじん)を拝していた小池氏をわずかながら上回った。公明党支持層の6割以上も固めるなど、追い上げを図っている。

 小池氏は無党派層への浸透が目立ち、前回調査時より多い3割台半ばの支持を取り込んだ。自民の4割弱、民進、共産、公明党の支持層からも2割弱の支持が流れており、勢いを増している。

会員限定記事会員サービス詳細