【目良浩一の米西海岸リポート まとめ読み】米グレンデール市慰安婦像撤去訴訟の深層とは…米国在住の日本人による渾身の報告 - 産経ニュース

メインコンテンツ

目良浩一の米西海岸リポート まとめ読み

米グレンデール市慰安婦像撤去訴訟の深層とは…米国在住の日本人による渾身の報告

【目良浩一の米西海岸リポート まとめ読み】米グレンデール市慰安婦像撤去訴訟の深層とは…米国在住の日本人による渾身の報告
【目良浩一の米西海岸リポート まとめ読み】米グレンデール市慰安婦像撤去訴訟の深層とは…米国在住の日本人による渾身の報告
その他の写真を見る (1/2枚)

 米グレンデール市慰安婦像撤去訴訟の深層とは、そしてカリフォルニア州の日系社会を分断し、壊滅させようとしている一連の動きとは。米国在住の目良浩一氏による「目良浩一の米西海岸リポート」が6月から不定期連載で始まりました。目良氏は、ハーバード大学助教授や筑波大学教授、南カリフォルニア大学教授などを歴任。「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」の代表で、米国慰安婦像撤去訴訟の原告の1人です。

 米国在住の日本人として、危機感に裏打ちされた迫真の現地からの報告は、これまでに4本が産経ニュースに掲載されています。下記のリンクからご覧ください。

【目良浩一の米西海岸リポート(1)】グレンデール市慰安婦像撤去訴訟の深層…提訴から2年余りでようやく公正な裁判に

【目良浩一の米西海岸リポート(2)】慰安婦問題に関する日韓合意後、米国で対日批判は激化 日系人コミュニティーへの圧力も…

【目良浩一の米西海岸リポート(3)】リトル・トウキョウの老人施設売却は日系人社会の亀裂を露呈しました 背後には不穏な勢力が…

【目良浩一の米西海岸リポート(4)】住民参加型のカリキュラム決定は歴史教育の「政治化」に等しい 他州に広がる危険性も…