今週の注目記事

日傘さす女性は日本だけ!? 中国や韓国など訪日9カ国女性が「使わない」ワケ…アンケートでも「驚き」1位

医師は「帽子より日傘が有効」と指摘

 ヨーロッパでなぜ日傘の習慣が廃れたか気になるところだが、洋傘メーカー約50社でつくる日本洋傘振興協議会広報室の担当者は「日傘について海外のデータは持ち合わせていないが、ヨーロッパでは、日が出ていると、浴びようという欲求があると聞く」と話す。

 ただ、化粧品メーカーの資生堂技術広報グループによると、紫外線による「光老化」という現象が注目されており、シミだけでなく、しわや、たるみを引き起こすこともわかってきたという。こうした中で、日本では美白ブームが起こり、日傘の使用が広がっている。

 日本臨床皮膚科医会理事の岡村理栄子医師は「日傘は紫外線や赤外線をカットし、その結果、熱を遮る。帽子か日傘プラス日焼け止めクリームをするのがいいが、日傘は帽子より広い範囲をカバーするので効果が高い」と話している。(7月20日掲載)

▼美白よりも筋肉が大事!? 過度に日光避けるとサルコペニアに…現代人に忍び寄る身体虚弱化の影

▼肝は美白…「京野菜とトマトソース」カゴメの世界戦略…ちゃんぽんにケチャップもイケる 地域あった食べ方で消費拡大