【ミュンヘン銃乱射】独、商業施設で銃乱射、9人死亡 イラン系容疑者は自殺(1/2ページ) - 産経ニュース

速報

速報

萱和磨、種目別あん馬で銅メダル 体操男子

メインコンテンツ

ミュンヘン銃乱射

独、商業施設で銃乱射、9人死亡 イラン系容疑者は自殺

 【ベルリン=宮下日出男】ドイツ南部ミュンヘンの大型商業施設で22日午後5時50分(日本時間23日午前0時50分)ごろ、男が買い物客らに対して銃を乱射し、警察当局によると9人が死亡して27人が重軽傷を負った。容疑者はミュンヘン在住のイランとドイツの二重国籍の男(18)で、現場から逃走後、近くで自殺した。捜査当局は単独犯と断定し、動機など全容解明を急いでいる。

 警察当局は23日、容疑者の自宅の家宅捜索を実施。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)との関係を示す証拠はみられず、テロとの見方を否定した。容疑者が精神を患っていた可能性もあり、押収物を分析している。

 銃撃は、商業施設近くのファストフード店で最初に発生。容疑者は続いて商業施設に移動して乱射を続けた後、逃走したが、現場から約1キロ離れた路上で遺体で見つかった。不正に入手した拳銃を使用し、弾丸約300発を所持していた。