東京株反落、終値は182円安 ポケモン効果は全体には広がらず

 22日の東京株式市場は大幅反落した。日経平均株価の終値は、前日比182円97銭安の1万6627円25銭。

 午後に一時243円安の1万6566円まで下げる場面があったが、終盤に下げ幅を縮小した。

 連日の高騰により市場全体で過熱感に対する警戒感が強まっており、この日は利益確定売りが広がった。スマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」の配信が始まったが、恩恵は一部の関連銘柄に限られた。

 ゲーム対ドル円相場も106円前半から106円近辺へと円高に振れたことも下げ材料となった。

 東証株価指数(TOPIX)の終値は、前日比11.88ポイント安の1327.51。

会員限定記事会員サービス詳細