関西の議論

「軍国主義者のレッテルはられた」元校長が真相激白 「2人以上出産」発言は匿名投書で

【関西の議論】「軍国主義者のレッテルはられた」元校長が真相激白 「2人以上出産」発言は匿名投書で
【関西の議論】「軍国主義者のレッテルはられた」元校長が真相激白 「2人以上出産」発言は匿名投書で
その他の写真を見る (1/2枚)

 大阪市立茨田(まった)北中学校校長だった寺井寿男(としお)氏(61)が2月、全校集会で「女性にとって最も大切なことは子供を2人以上産むこと」と発言したことが「価値観の押しつけだ」などと波紋を呼び、自ら退職した騒動を覚えているだろうか。日本が少子高齢化に直面する中、学校現場で出産・子育ての価値を教えることは間違っていない-とする擁護論も上がるなど賛否両論が渦巻いた。その後、寺井氏が校内で旭日旗を掲げたと報道され、騒動が拡大した。市教委の担当者は「旭日旗で戦争を想起する人もいる」と過剰な配慮を示して問題視したが、寺井氏は「私を差別主義者、軍国主義者と決めつけたい人たちがいるような空気を感じた」と吐露した。一体、何が起きていたのか。

全校集会の講話に賛否両論

 発端は2月29日、寺井氏が全校集会で次のような趣旨の講話をしたことだ。

 「女性にとって最も大切なことは、子供を2人以上産むことです。これは仕事でキャリアを積むこと以上に価値があります。なぜなら、子供が生まれなくなると、日本の国がなくなってしまうからです。女性しか子供を産むことができません。男性には不可能なことです」

 3月2日、講話を問題視する匿名情報が2件入ったとして、市教委が聞き取りに乗り出した。さらに11日夜、共同通信が「2人出産最も大切と中学校長 全校集会で 処分検討」との見出しで寺井氏の実名入りの記事を配信したのを機に、産経新聞を含む各紙が発言を報じた。

 報道を受けて、市教委や学校に抗議の電話やファクスが殺到し、さらにインターネット上でも批判が渦巻いた。「さまざまな事情で出産しない、できない人のことを考慮していない」「価値観を押しつけている」といった内容だ。

 「(発言の)一部だけが切り取られ、誤解を招いている」と感じた寺井氏は12~13日、学校のホームページに講話全体の要旨を一時掲載した。