高校野球埼玉大会

上尾・市瀬義己捕手 3年生リードのキャプテンシー

 昨秋から正捕手を務めるレギュラー唯一の2年生。与野戦では先発・山下から渡部への継投をリードして1失点に抑え、打っては先制の犠飛。活躍が光ったが、「レギュラーに入ったばかりのころは、3年生についていけなかった」と、これまでを振り返った。

 特に速球派の渡部投手の球が怖かったという。「先輩の足を引っ張ってしまう」。速球に慣れるため、ピッチングマシンの150キロの球や、渡部投手の投球練習を積極的に受けた。

 「今では安心して投げられる」と渡部投手も力を認めている。捕球だけではない。増田主将は「彼は先輩に混ざって意見を言えるキャプテンシーを持っていて助かる」と、3年生からの厚い信頼を得るまでに成長した。

 チームはベスト16入り。「一日でも長く先輩たちとやりたい」。勝ちたい気持ちがあふれ出た。 (川上響)

会員限定記事会員サービス詳細