東京都知事選

鳥越俊太郎氏…待機児童解消意欲示す 増田寛也氏…多摩地区8カ所で演説 小池百合子氏…無電柱化の重要性強調

東京都知事選候補者(届け出順)
東京都知事選候補者(届け出順)

 舛添要一前東京都知事の辞職に伴う都知事選(31日投開票)で、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)、元防衛相の小池百合子氏(64)は20日、それぞれ視察を通じ自身の政策をアピールし、元総務相の増田寛也氏(64)は知名度アップに向け郊外でどぶ板選挙を展開した。

 ▼鳥越氏

 鳥越氏=民進、共産、社民、生活推薦=は世田谷区の認可外保育施設「つくし保育園」を訪れ、保育の現場を視察した。笑顔で子供たちに名前を聞くなどして交流を図った後、園長や保育士、子供を預ける母親らと意見を交わした。

 母親から「周囲のお母さんは保育施設に預けられず、大変な思いをしている」などと声が上がり、園長や保育士からは行政の手厚い補助や、待遇改善への施策を求められた。

 鳥越氏は「子供を取り巻く環境は思っていた以上に厳しい」と感想を述べた。「(保育士の待遇問題などを)解決しないと前に進まない」と語り、待機児童解消について改めて意欲を示した。

 JR品川駅前の街頭演説では、政策の柱に掲げていた「住んでよし」「働いてよし」「環境によし」の「3つのよし」に「学んでよし」を加え教育施策に取り組む方針を示した。

会員限定記事会員サービス詳細