緊迫トルコ

安倍晋三首相「事態を憂慮」

 【ウランバートル=小川真由美】安倍晋三首相は16日朝(日本時間同)、トルコでのクーデターとみられる動きについて「事態を憂慮している。菅義偉(よしひで)官房長官に対し、関係国と連携して情報収集するよう、在留邦人の安全を確保するよう指示を出した」と述べた。アジア欧州会議(ASEM)首脳会議に出席するため滞在中のモンゴルの首都ウランバートル市内のホテルで同行記者団に話した。