産経抄

未来の世界史教科書は「中国は次に、東シナ海の完全支配に着手した」!? 7月14日

 リオデジャネイロ五輪が、目前に迫っている。開催国ブラジルの公用語がポルトガル語であるのに対して、他の中南米の国の人々はスペイン語を話す。理由を探れば、世界史の教科書にも出てくるトルデシリャス条約に行き着く。

 ▼1494年に、スペインとポルトガルの間で結ばれた。世界地図の上に南北の線を引き、領土を分割するという内容である。500年以上前の両国の傲慢さに、あきれてばかりもいられない。

 ▼2007年5月に米太平洋軍のキーティング司令官が中国を訪問した際、中国海軍幹部からとんでもない構想を提案された。ハワイを境にして、米中が太平洋の東西を「分割管理」するというものだ。その後の中国の海洋進出の実態を見れば、冗談ではなかったようだ。

 ▼中国は、南シナ海を囲むベトナムやフィリピンの沿岸にぎりぎりまで迫る「九段線」と称する境界線を勝手に引いてきた。内側を「中華の領域」と定め、人工島を次々に造成して、軍事拠点化を進めている。2千年前から支配してきた、というのが、中国の言い分だった。

会員限定記事会員サービス詳細