止まらない任天堂株価 1週間で1万円高、ほぼ7割の値上がり 関連でフジHD株はストップ高

 スマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」の米国での大ブームを受けて、14日の任天堂株は急反発、一時約19%の急騰となり、終値でも2万5000円を突破。この1週間で1万円以上、7割近い上昇となった。また関連銘柄の値上がりも広がっており、新たに注目されたフジ・メディア・ホールディングス(HD)株が一時24%急騰し、ストップ高となった。

 任天堂株は先週7日終値は1万4935円だった。これに対し、この日の高値は4130円高の2万5960円と年初来高値を更新した。終値は15.9%上昇し、3470円高の2万5300円。

 この日の売買代金は4300億円を超え、東証1部全体の2割近くを占めた。

 一方、関連銘柄とされるDeNA、サノヤスHD、京都銀行、第一屋製パンなども順調に株価を上げている。新たに注目されたのがフジ・メディアHD。傘下のフジテレビジョンが、ポケモンGOを任天堂グループと共同開発した米ゲームベンチャーのナイアンティック社に出資していることが材料視された。「ポケモンGO」との直接的な関連はないものの、今後のプラス効果が期待されている。フジメディア株は一時値幅制限いっぱいの300円高の1524円まで上昇。終値は4日続伸で、174円高の1398円だった。

会員限定記事会員サービス詳細