経済インサイド

TOEIC600点超…東京ハイヤー・タクシー協会が五輪向けTSTiE(タスティ)ドライバー続々育成中

 しかし、20年の東京五輪に向け「訪日客対応は欠かせない。運転手も英語力の必要性を感じており、自発的に勉強している」(同)という。同社は英語に対応できる運転手を20年までに100人に増やす考えだ。また中国語や韓国語に対応できる運転手も育成する。

 タスティーとは「Tokyo Sightseeing taxi in English」の略で、文字通り英語での東京観光案内力が求められる。

 しかし認定までの道のりは長い。まず東京観光財団が実施する「東京シティガイド検定」合格と「ユニバーサルドライバー研修」修了で、「東京観光タクシードライバー」に認定。その上でTOEIC600点程度のスキルと、20時間の研修、スピーチテストに合格しなければならない。初年度となる今年は15人が合格した。約1800人いる東京観光タクシードライバーの約1%という狭き門だ。

通訳料上乗せ 規制緩和必要

 同協会の藤崎幸郎専務理事は「政府は2020年に訪日外国人4000万人を目指している。運転手も日常会話に、観光案内をプラスした英語力が求められる」と英語力向上を促す。

 同協会へはタスティー研修に関する問い合わせが増加。運転手の登録・研修を手掛ける東京タクシーセンターが実施する語学研修の受講生は増え、タクシー各社も英語研修に力を入れる。