「やんちゃ」だった大地真央さん、淡路島の母校で講演 「夢はあきらめないこと」

「やんちゃ」だった大地真央さん、淡路島の母校で講演 「夢はあきらめないこと」
「やんちゃ」だった大地真央さん、淡路島の母校で講演 「夢はあきらめないこと」
その他の写真を見る (1/6枚)

 兵庫県洲本市出身の女優、大地真央さん(60)が11日、母校の市立洲本第二小学校(洲本市山手)を訪れ、夢を持つ素晴らしさについて講演した。

朝の連ドラ「とと姉ちゃん」出演中…「知ってる」の歓声

 児童のキャリア育成を目標にした同市の「かがやきプロジェクト」の一環で、同小が依頼して実現。「ようこそ先輩!大地真央さん」と題し、同校児童と洲本幼稚園の園児ら約230人のほか、地域住民も話に耳を傾けた。

 大地さんは小学生のころは毎日のように大浜海岸や三熊山で遊び、「三熊山ではロッククライミングのように山登りを楽しんでいました」とやんちゃな一面を披露。その上で故郷・淡路島に癒やされることが多かったと述べ、「とてものどかで空気感も違う。ほっこりとした気持ちになれる」と魅力を表現した。

 大地さんが現在出演しているNHKの連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の話もあり、児童らは「知ってる」「見た!」などと声を上げ、身を乗り出して聞いていた。

会員限定記事会員サービス詳細