東京都知事選・鳥越俊太郎氏出馬会見(中)

「政党から声かけはない」「アウトサイダーを気取っていていいのか、と内なる声が…」

【東京都知事選・鳥越俊太郎氏出馬会見(中)】「政党から声かけはない」「アウトサイダーを気取っていていいのか、と内なる声が…」
【東京都知事選・鳥越俊太郎氏出馬会見(中)】「政党から声かけはない」「アウトサイダーを気取っていていいのか、と内なる声が…」
その他の写真を見る (1/2枚)

 《東京都知事選(14日告示、31日投開票)への出馬を表明したジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)の会見が、東京都千代田区の帝国ホテル東京で続いている。鳥越氏からの説明が一段落し、司会者が質疑応答に移るよう促したところで、会場奥から突然、元経産省課長の古賀茂明氏(60)が登場した。古賀氏をめぐっては、11日に民進党都連が出馬を要請するなど、「候補者」として名前が取り沙汰されていただけに、会場に驚きが広がる。鳥越氏と古賀氏が握手を交わすとカメラマンが一斉にシャッターを切った》

 古賀氏「都知事選が決まったときに鳥越さんに出ていただけないか、とお話をしたんです。でも、そのときには『俺は出ないよ』と。だから、『出るときは応援しますからね』ということを伝えました。その後、(民進党都連会長の衆院議員)松原(仁)さんと話して、市民の声を集めることが大事だと思いますので、宇都宮さんとか上杉さんとかも立派な方なので、都民の声が集約できればと思います」

会員限定記事会員サービス詳細