緊迫・南シナ海

「岩」判定に反発、台湾も裁定を「受け入れない」 蚊帳の外に不満

 【台北=田中靖人】台湾の総統府は12日、南シナ海をめぐる仲裁裁判所の裁定に対し「絶対に受け入れない」との声明を発表した。

 声明は、仲裁裁がスプラトリー(中国名・南沙)諸島で台湾が実効支配するイトゥアバ(太平島)について「岩」だと認定したことに反発。裁判の過程で台湾側の意見が求められなかったことにも不満を表明した。

 その上で、裁定は台湾に対する「法的拘束力を持たない」と主張。南シナ海の島嶼(とうしょ)と周辺海域の領有権を改めて訴えた。

 声明は一方で、南シナ海の紛争は多国間協議で平和的に解決すべきだとの姿勢も強調した。

会員限定記事会員サービス詳細