参院選・岡山

「信じてもらえる議員に」 東京都区議から転身、当選の小野田氏

初当選から一夜明けて報道陣の取材に応える小野田紀美氏=7月11日、岡山市北区
初当選から一夜明けて報道陣の取材に応える小野田紀美氏=7月11日、岡山市北区

 参院選岡山選挙区(改選数1)は、自民新人の元東京都北区議、小野田紀美氏(33)=公明推薦=が他の2候補に圧勝し、民進のベテラン議員が守ってきた議席を自民が奪取した。当選から一夜明けた11日、小野田氏は「政治不信は悲しい。信じてもらえる国会議員になりたい」と語った。

 この日早朝、小野田氏は岡山市北区の選挙事務所で、報道陣の取材に応じた。勝因について「私は批判をせず、未来のビジョンや今の課題について語った。誰かを倒すためではなく、力を貸してくださいとお願いしたことに『未来の希望が持てる。ネガティブな政治ではなく、ポジティブな政治を見た』といってくれた人がおり、評価してくれたのでは」と分析。

 43万票以上の得票について「喜びもあるが、プレッシャーや責任を負っている点では、身が引き締まる」と話した。そのうえで「最新の情報や状況を早く吸収しながら、まったなしの地方創生の問題や教育格差の是正、格差や貧困の解消などに早く取り組みたい」と誓った。

 小野田氏は取材後、選挙事務所近くの交差点で、街頭活動。今月いっぱいは、県内で支持者らにあいさつ回りをする予定という。

会員限定記事会員サービス詳細