安倍首相会見詳報

憲法改正は「わが党の案をベースに3分の2を構築する。まさに政治の技術だ」

--内閣改造や党役員人事ではどういった点を重視するのか。政権の要である谷垣幹事長、菅義偉官房長官は続投させる考えか

「ただちに、先ほど申し上げましたが、明日、石原経済再生担当相に対し、経済対策の準備に入るよう指示をいたします。選挙でお約束をしてきたこと、また選挙でお約束した通り、あらゆる政策を総動員して、アベノミクスを一層加速をしてデフレからの脱出速度を最大限に引き上げていかなければならないと考えています。さらに、外交はじめ参院選を通じてお約束したことを、実行していくための強力な新たな布陣を作っていきたいと思っています。まだ選挙が終わったばかりでありまして、いま名前を挙げていただいた方々、それぞれ極めて有能な方々でありますが、今の段階では白紙でございます」

--経済対策をめぐっては20兆円規模という声もある。どの程度の規模を想定しているか。また、秋の臨時国会のスケジュール感はどうお考えか

「伊勢志摩サミットにおいては、英国のEUからの離脱の可能性も含めて、新たな危機に陥ることを回避するために、適時適切な政策を総動員していくということで合意したわけであります。そういう中において日本はデフレから脱却をしていく。脱出速度を最大限引き上げていかなければならないと考え、消費税の引き上げを延期をしたわけであります。そして、事実、EUから離脱するという出来事が発生をした。のみならず、新興国の経済にも陰りがみられる中において、しっかりと需要をつくっていく必要もあるんだろうと思います。内需を下支えしていく。総合的かつ大胆な経済対策を実施する考えであり、こうした方針にのっとって、具体的な規模感についてはこれから検討したいと思います」