安倍首相会見詳報

憲法改正は「わが党の案をベースに3分の2を構築する。まさに政治の技術だ」

「『待機児童ゼロ』を実現するため、保育の受け皿整備を進める。介護についても50万人分の受け皿を前倒しして、整備する。『介護離職ゼロ』を目指します。施設だけでなく、必要な人材を確保するため、保育士や介護福祉士の皆さんへの支援の拡充を進めてまいります。さらに無年金の問題は喫緊の課題であります。年金受給資格期間の短縮についても、来年度からスタートできるよう準備を進めてまいります」

「若者への投資を拡大いたします。学びたいという意欲を持つ全ての学生が無利子の奨学金を受けられるようにします。さらに給付型の奨学金についても、具体的な検討を進めていく。1億総活躍社会を切り開く鍵は、構造改革の断行であります。そのために、働き方改革を進めてまいります。長時間労働の是正、同一労働同一賃金の実現、労働制度の改革を進め、非正規という言葉を国内から一掃する。社会全体の所得の底上げを図ります」

「イギリスの欧州連合(EU)離脱に関する国民投票、陰りがみえる新興国経済、世界経済は今、さまざまなリスクに直面しています。こうしたリスクが中小企業をはじめ、日本経済にマイナスの影響を及ぼすことがないよう、万全の対策を講じてまいります。しっかりと内需を下支えすることができる総合的、かつ大胆な経済対策を実施したいと考えています。世界経済の不透明感が増す中にあり、世界経済の成長と市場の安定のためには国際協調を強めていく必要があります。先般の伊勢志摩サミットでは、G7が強い危機感を共有し、世界経済のリスクに立ち向かうため、あらゆる政策を総動員していくことで合意しました。この経済成長への決意をさらに、アジアやヨーロッパの国々とも共有したいと思います」