放送作家でタレントの永六輔さん死去 83歳

 放送作家の草分け的存在で、マルチタレントとしてテレビ、ラジオで幅広く活躍した永六輔(えい・ろくすけ、本名・孝雄=たかお=)さんが7日に死去したことが11日、分かった。83歳だった。

 東京都出身。高校在学中からNHKラジオに投稿していたコントを放送作家の三木鶏郎氏に認められ、放送作家としての活動を始めた。ラジオに加え、テレビ草創期から番組の企画や構成を手掛け、NHKのバラエティー番組「夢であいましょう」などの人気番組を送り出した。

 作詞家としては、坂本九さんの「上を向いて歩こう」や「見上げてごらん夜の星を」、梓みちよさんさんの「こんにちは赤ちゃん」などのヒット曲を手掛けた。北島三郎さんの「帰ろかな」など、作曲家の中村八大さんと組んだ楽曲も多く、永さん、中村さん、坂本さんのトリオは「六八九トリオ」とも呼ばれた。

会員限定記事会員サービス詳細