ひなちゃんパパの家族レシピ

ふわふわ卵サンド

卵サンド
卵サンド

今年は遊び心のあるサンドイッチがブームですね。意外な具材を組み合わせたり、これでもか!というほど野菜を挟んだり。

「ひなちゃんパパ、話題の卵サンドを作ってみましょうか?」と、江上料理学院副院長の江上佳奈美先生が勧めてくれました。

「卵サンド大好きですぅ~」とひなちゃんも目を輝かせています。

では、卵をゆでようと鍋を取り出すと、「今日使うのはこちらよ」と、江上先生は四角い卵焼き器を差し出しました。

卵サンドといっても刻んだゆで卵をマヨネーズであえたものではなく、厚焼き卵をパンで挟む変わり種。そもそもは京都の有名な洋食屋さんの看板メニューで、行列ができるほどの人気だったとか。今ではパン屋さんや喫茶店などもメニューに加えて、「京都の卵サンド」として広まっているのだそうです。

「卵液にサクラエビを混ぜてアレンジしてみましょう。カルシウム補給になるし、彩りもアップするわ。その他に青のりやパセリのみじん切りを混ぜてもOKよ」と江上先生。

サラダ油を引いた卵焼き器にサクラエビ入りの卵液を一気に流し入れ、菜箸で混ぜてまずはスクランブルエッグ状にします。向こうから手前に向かって半分に折り、フライ返しで形を整えながら焼き上げます。