【教えて!goo】「下流老人」にならないためにすべきこと 専門家が解説(3/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

教えて!goo

「下流老人」にならないためにすべきこと 専門家が解説

必要なのは計画・知識・行動

 辻畑憲男さんも、とにかく将来設計を立てることが必要なのだと話す。

 「将来何をやりたいのか、それに対してどのくらいお金が必要なのか。そのお金をどのように準備するか、です。または、老後も働き続けてもいいでしょう。お金を貯めるには『計画力』『知識力』『行動力』、この三つの力が必要です。ただ、計画通りにはなかなかいきません。そのたびにどのように立て直せるかが重要でしょう」(辻畑さん)

 運もあるかもしれないが、行動することにより運も味方してくれるという。

 「毎日必死に生きることです。そして、仕事で成功することです。『夢』も大切でしょうね。逆に上記のことをやらない人が貧乏になるのではないでしょうか」(辻畑さん)

 これを読んだあなたは、自分の老後が思い描けるだろうか? ゆっくりと考えてみよう。

●専門家プロフィール:山中伸枝(やまなか のぶえ) 公的保険、確定拠出年金、老後資金に強い独立系ファイナンシャルプランナー。金融機関や企業からの講演依頼の他、マネーコラムの執筆や書籍の執筆も多数手掛けている。著書に『「なんとなる」ではどうにもならない定年後のお金の教科書』。

●専門家プロフィール:辻畑憲男(つじはた のりお) ファイナンシャルプランナー。保険相談や住宅ローン・住宅購入相談を中心に活動。相談に応じた対策プランの立案やその後の実行支援など、将来に向けた総合的なサービスを提供。

(酒井理恵)

★関連記事

一生独身の人に必要となる老後資金を試算してみた!

誰にも気づいてもらえない?一人暮らしの認知症高齢者の行く末とは

高齢者の自動車事故。対策はどうすべき?専門家に聞いてみた

兄弟(独身)の老後の面倒が心配です。

皆さんは、老後どのくらい貯蓄ができそうですか。