主張

参院選あす投票 平和と繁栄守る選択を 眼前の危機を直視しているか

 ≪「廃止法」は侵略を誘う≫

 9条を金科玉条とすることが抑止力の構築も妨げてきた。何もしなければ平和がもたらされるという「戦後平和主義」は侵略を誘う危うい考え方だ。その論者は昨今の出来事をどう説明するのか。

 中国などの脅威が増す一方、米国は国防費削減も含め内向き志向がみられる。同盟の抑止力を維持、強化するためには、日本が個別的自衛権の殻に閉じ籠もっていることは許されない。

 そこで整備されたのが安全保障関連法である。憲法解釈の変更で集団的自衛権の限定行使を認め、自衛隊と米軍が互いに守り合う関係を強める。

 民進、共産など野党4党は同法廃止を唱えるが、平和の追求とは全く逆の効果しかもたらすまい。廃止すれば日米同盟は確実に弱体化する。喜ぶのがどの国か分かりそうなものではないか。

 自衛隊を違憲としてきた共産党と「共闘」できるという民進党などの安保感覚は大丈夫か。

 安保法の整備だけで十分だともいえない。周辺国の軍拡に対応する自衛隊増強も抑止力の構築には欠かせない。安保関連法の活用や自衛隊の増強がほとんど論じられなかったのは残念である。

 政府は、東シナ海における中国軍機の好戦的飛行を公表していない。国を守る意志の強さを疑わせる恐れはないか。

 安全保障をめぐる厳しい現実を見据えながら、国と国民を守り抜いていくことは眼前の政治課題になっている。国際社会の嵐を、冷静に乗り切るかじ取り役を見極めたい。

会員限定記事会員サービス詳細