衝撃事件の核心

バレエ講師の指を切った41歳男は自宅に練習場を作る熱心な生徒だった 講師の指は手術の末に…

現場となったビルを調べる捜査員=6日午後、東京都渋谷区(木下慧人撮影)
現場となったビルを調べる捜査員=6日午後、東京都渋谷区(木下慧人撮影)

バレエに魅せられた41歳の男は、17歳年下の師の指を切断することで恨みを晴らした。東京・渋谷のバレエスタジオで、講師の女性(24)の親指をタガネと金づちで切断したとして、元生徒の男が逮捕された事件。男は自宅に練習スペースを設けるほど熱心にバレエに取り組んでいたが、ささいな行き違いから女性とトラブルになり、スタジオを退会させられていた。「憎しみが離れなかった。刑務所に入っても構わないと思った」。人生を終わらせても構わないほどの思いの源泉は、どこにあったのか。

「命に支障がない部位選んだ」

「俺がなぜ怒っているか分かるか」

6日午前8時40分ごろ、渋谷区渋谷のバレエスタジオで、男はそう言って女性に詰め寄った。女性はレッスンの準備のために1人でスタジオにいた。男は女性の髪を引っ張って馬乗りになって首を絞め、失神させた。さらに、持参したタガネと金づちで親指を付け根部分から切り落とした。

会員限定記事会員サービス詳細