双子パンダ、好物の竹に大喜び 七夕に贈り物 アドベンチャーワールド

 七夕の7日、白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で、双子の雌のジャイアントパンダ「桜浜(オウヒン)」「桃浜(トウヒン)」の健やかな成長を願うイベントが行われた。天の川に見立てた氷と好物の竹がプレゼント。2頭は大喜びで食べていた。

 2頭は平成26年12月に誕生し、大きな病気やけがもなく元気に育っている。7日現在、体重は桜浜53・3キロ、桃浜57・5キロとすっかり大きくなり、毎日10キロの竹のほか、リンゴやニンジン、ビスケットなどをもりもり食べているという。

 この日は地元の保育園児ら約50人を招待。2頭はニンジンやリンゴが短冊のように飾られた竹をおいしそうに食べ、来園客や保育園児らから「うわぁ、かわいい」と歓声が上がった。父親の「永明(エイメイ)」と母親の「良浜(ラウヒン)」が5月に自然交配しており、新たな命の誕生も期待されている。