リオ五輪

壮行会での苦言に森喜朗会長「国歌斉唱をお願いしただけ。文句を言ったわけではない」

【リオ五輪】壮行会での苦言に森喜朗会長「国歌斉唱をお願いしただけ。文句を言ったわけではない」
【リオ五輪】壮行会での苦言に森喜朗会長「国歌斉唱をお願いしただけ。文句を言ったわけではない」
その他の写真を見る (1/2枚)

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は7日、リオデジャネイロ五輪へ向け、3日に開かれた壮行会で日本選手団が国歌を歌わなかったことに苦言を呈したことについて「私はお願いをしたつもり。決して注意をしたり、文句を言ったわけではない」と説明した。

 7日に東京都内で開かれた国内競技団体を集めた組織委の会合で日本体操協会の渡辺守成専務理事が「お叱りを受けたことは大変不名誉」とし、発言の真意を説明するよう求めた。

 森会長は壮行会の来賓あいさつで「どうしてみんなそろって国歌を歌わないのか。国歌を歌えないような選手は日本の選手ではない」などと強い口調で発言していた。

 日本オリンピック委員会(JOC)の「日本代表選手団としての行動規範」には、結団式やメダルセレモニーなどの公式行事では「脱帽し、姿勢を正し、日の丸を直視し、君が代を斉唱すること」と規定されている。

 当日は「国歌独唱」とアナウンスされたが、森会長は「事前の案内には斉唱と書かれていた」とし、「なぜ規範があるのにやらないのか。独唱に変わったのか。非常に疑問に思った」と述べた。

 JOCの平岡英介専務理事は「急に独唱に変わった経緯は未確認」とした上で「本来は斉唱。これからは日の丸をしっかり見て、君が代を斉唱することは徹底していきたい」と話した。