高2少年を逮捕 42歳女性刺し川に遺棄「1人で殺害した」2人の関係は不明 (1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

高2少年を逮捕 42歳女性刺し川に遺棄「1人で殺害した」2人の関係は不明 

 茨城県龍ケ崎市の川で5日、同県牛久市上柏田の職業不詳、進士康子さん(42)の遺体が見つかり、茨城県警は6日、死体遺棄の疑いで同県つくば市の県立高校2年の少年(16)を逮捕した。

 少年は5日夜、両親に付き添われて県警つくば中央署に自首した。調べに対し「一人で殺害して遺体を川に捨てた」と容疑を認めている。女性との面識はないとみられる。県警は、殺人容疑も視野に犯行の動機や状況などを調べる。

 逮捕容疑は6月30日、龍ケ崎市佐貫町の西谷田川に進士さんの遺体を遺棄したとしている。

 県警によると、進士さんは、遺体が見つかった川の近くの路上でアイスピックのようなもので刺されたとみられ、背中に複数の傷があった。遺体は発見時、損傷が激しく頭部など一部は白骨化していた。

 進士さんは父親の勝也さん(76)と2人暮らし。勝也さんは取材に対し、「少年に心当たりはない。まさかこんなことになるなんて。仕事をしておらず、人との付き合いもあまりなかった。どうしてそうなったのかなと思う」と声を落とした。勝也さんは進士さんがいついなくなったか把握していなかったという。