フジ隊員とウルトラマン50年

桜井浩子が語るウルトラマンシリーズ 「巨大化された過去を消したいのに…」

【フジ隊員とウルトラマン50年】桜井浩子が語るウルトラマンシリーズ 「巨大化された過去を消したいのに…」
【フジ隊員とウルトラマン50年】桜井浩子が語るウルトラマンシリーズ 「巨大化された過去を消したいのに…」
その他の写真を見る (1/6枚)

 7月10日は「ウルトラマンの日」。50年前の昭和41年に、ウルトラマンシリーズの嚆矢(こうし)である「ウルトラマン」の第1話が放送されたのは7月17日だが、その1週前に番組の宣伝イベント「ウルトラマン前夜祭」が録画中継され、ウルトラマンが初めてテレビに登場した日なのだ。そのウルトラマンで、科学特捜隊の紅一点、フジアキコ隊員として活躍した女優の桜井浩子(70)がシリーズ50年を語った。自身は作品の中で、宇宙人に巨大化させられた過去を持つが、桜井は、あの人気女優にも、巨大化を勧めたことがあったという。(兼松康)

 「50年前、こういうことになるとは思ってなかったので、感無量。いい作品に出てよかったなと思います」

 シリーズ50年、今もなお新番組が作られ、人気が続いていることについて、開口一番、迷いなくそう話した桜井。桜井と円谷プロの関わりはウルトラマンよりも前にさかのぼる。

 「ウルトラマン」放送開始の半年前から放送されていた「ウルトラQ」。こちらは「ウルトラマン」、東映制作の「キャプテンウルトラ」、「ウルトラセブン」と並ぶ「ウルトラシリーズ」の最初の作品だが、その「ウルトラQ」に毎日新報のカメラマン、江戸川由利子役で出演していた。その縁もあり、引き続き、フジ隊員役でウルトラマンにも出演することになったのだ。

 「Qはモノクロで、ほぼ自分の衣装、自分のキャラでやっていましたね」と話す。自前の衣装についてははっきりと記憶していて、平成23~24年にブルーレイやDVDで発売された「ウルトラQ」のカラー化作品「総天然色 ウルトラQ」でもその記憶が大いに生かされた。