号泣元県議有罪

「記憶がない」は「虚偽の疑い強い」裁判長指摘 野々村被告に懲役3年、執行猶予4年判決

元兵庫県議、野々村竜太郎被告を乗せたとみられる乗用車=6日午後、神戸市中央区の神戸地裁(宮沢宗士郎撮影)
元兵庫県議、野々村竜太郎被告を乗せたとみられる乗用車=6日午後、神戸市中央区の神戸地裁(宮沢宗士郎撮影)

 兵庫県議時代に出張費名目などで嘘の収支報告書を提出し、政務活動費(政活費)約913万円をだまし取ったとして、詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた元県議、野々村竜太郎被告(49)の判決公判が6日、神戸地裁で開かれ、佐茂剛裁判長は懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役3年)を言い渡した。

 判決で佐茂裁判長は「出張の事実はなかった」と認定。公判で「記憶がない」と繰り返した野々村被告について「重篤な健忘をきたすような心身の異常は認められない。被告の公判供述は虚偽の疑いが強い」と指弾した。

黒縁めがねに「白い紙袋」持参、取り乱すことなく聞き入る

 野々村被告はこの日、白い紙袋を持ち、半袖の白いワイシャツ、黒いズボン、黒縁めがね姿で入廷。緊張した面持ちで、裁判長から「野々村竜太郎被告ですね」と問われても無言のまま。判決主文が言い渡された瞬間も取り乱すことはなく、静かに聞いていた。