「頭が真っ白になって…」ひき逃げ容疑の巡査部長を書類送検 奈良県警

 2人乗りのミニバイクに車で接触し、転倒させながら逃走したとして、奈良県警は6日、道交法違反(ひき逃げ)などの容疑で、県警警備1課の男性巡査部長(32)を書類送検し、停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。巡査部長は「頭が真っ白になり逃げてしまった」と容疑を認めているという。

「現場に戻った」で逮捕せず

 書類送検容疑は4月26日午後6時35分ごろ、奈良県田原本町の町道を車で帰宅中、2人乗りのミニバイクを追い越す際に接触、転倒させ、後部に座っていた同町の女性会社員(18)に座骨骨折など全治3カ月の重傷を負わせながら逃走したとしている。

 県警によると、巡査部長は追い越しざまに異音に気づき、転倒を認識したが逃走。約8分後に現場に戻り、駆けつけた天理署員に事故を申告していた。

 県警は逮捕しなかった理由を「いったん逃走したが自らの意思で証拠物とともに現場に戻っており、逃走と証拠隠滅の恐れがない」としている。

会員限定記事会員サービス詳細