【英離脱ショック】市場の動揺再び…「二番底」の恐れ ポンド安が円高圧力に(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

英離脱ショック

市場の動揺再び…「二番底」の恐れ ポンド安が円高圧力に

英EU離脱問題の再燃で、東京市場は円高株安に傾いた=6日、東京都中央区(荻窪佳撮影)
英EU離脱問題の再燃で、東京市場は円高株安に傾いた=6日、東京都中央区(荻窪佳撮影)

 英国の欧州連合(EU)離脱問題による悪影響が改めて懸念され、金融市場が再び動揺している。投資家がリスクを回避する動きを強め、比較的安全な資産とされる円や国債に投資マネーが流れ込む一方、リスク資産の株式は売られた。先週以降、小康状態を保っていた市場で、「二番底」の恐れが現実味を帯びてきた。(森田晶宏)

 「英国の国民投票で離脱派が勝利した6月24日に急激な円高・株安が進み、最近は巻き戻しの動きが続いてきたが、相場にはそれ以上の力はなかった」。三井住友アセットマネジメントの市川雅浩シニアストラテジストはこう落胆する。

 動揺再燃の引き金は、英国の不動産市況が悪化し、関連ファンドの取引停止が相次いだことだ。時を同じくして、イタリアの銀行の不良債権問題で金融不安への警戒感が高まり、投資家の心理を冷やした。

 市川氏は「欧州発の材料に敏感に反応している」と指摘。不動産市況の悪化に限らず、今後も英国発で新たな悪影響が表面化するたび、株や為替の値動きが激しくなる公算が大きい。

 また、東京市場にとって大きな逆風となっているのが、英通貨ポンドの急落に伴う円高圧力だ。ポンドが売り込まれれば、連鎖的に安全通貨の円が買われ、円高が進行。それに伴う企業業績の悪化を懸念し、株安につながるためだ。