竹島を考える

「アシカ絶滅は日本のせい」は捏造…韓国の定説に韓国紙が異議、乱獲し精力剤にしたのは自国だ

竹島で営まれていたアシカ猟の様子を撮影した写真(昭和10年撮影、島根県竹島資料室提供)
竹島で営まれていたアシカ猟の様子を撮影した写真(昭和10年撮影、島根県竹島資料室提供)
その他の写真を見る (1/2枚)

竹島は、1905年2月22日、「島根県告示第40号」により島根県隠岐島司の所管に入った。それは、竹島でアシカ猟をするため、島根県周吉(すき)郡西郷町(現隠岐の島町)の漁業者、中井養三郎が、島の貸し下げを明治政府に求めたことに始まり、明治政府は同年1月28日の閣議決定で、無主の地だった無人島を「竹島」と命名して日本領に編入し、冒頭の島根県告示に至った。竹島とアシカには、そのはじめから浅からぬ因縁があったのだ。

韓国の“定説”に異を唱えた韓国紙

近年、韓国側ではその竹島(独島)のアシカに関心が集まっている。

日本の内閣官房領土・主権対策企画調整室が2014年12月、隠岐の漁師と竹島のアシカとの関わりを描いた絵本「メチのいた島」の読み聞かせ動画を公開した。これに、韓国側が対抗して竹島にアシカ像を置こうとしたが実現せず、翌年8月になって竹島の船着場近くにアシカのレリーフを設置した。

韓国側には、「独島(竹島)のアシカを絶滅させたのは日本人だ」とする歴史認識が根強く、レリーフはその広告塔として利用するのが狙いだ。

ところが、その認識を覆す記事が6月13日、韓国の慶尚毎日新聞(ネット版)に掲載された。同紙のチョウ・ヨンナム記者がさまざまな証言を集め、日本人が竹島のアシカを絶滅させたとする定説に異を唱えたのだ。

「アシカ滅亡は日本のせい」と主張する韓国

チョウ記者は、1950年代半ば、竹島に上陸していた独島義勇守備隊の複数の隊員から「当時、アシカは最小限700頭余りが生きていた」との証言を得ている。これは1960年代も同様で、竹島に駐在した海洋警察隊員と漁民が「数百頭が棲息(せいそく)していた」と証言している。

1970年代初頭も変わりがなかった。工事のため竹島に渡った韓国・欝陵(うつりょう)島の住民が「当時、数百頭が生きていた」と証言しているからだ。1970年代の初めまで、竹島にはアシカが生存していたのである。

会員限定記事会員サービス詳細