ダッカ人質テロ

「写真や所持品で確認。強い憤り」 菅官房長官、日本人7人死亡確認後の記者会見詳報

 菅義偉官房長官は2日夜、官邸で記者会見し、バングラデシュの首都ダッカで武装集団がカフェを襲撃した事件で、安否不明だった日本人7人の死亡を確認し、3日にも政府専用機を同国に派遣することを明らかにした。会見内容は以下の通り。

 「バングラデシュにおけるテロ事案に関し、7人の日本人の安否が確認できない状況にありましたが、在バングラ大使をはじめとする大使館関係者が日本時間の本日、午後9時40分ごろにバングラ政府がご遺体を搬送した病院においてその中に7人の日本人が含まれていることを確認しました」

 「写真や所持品などからこの7人はいずれも国際協力機構(JICA)プロジェクトのコンサルタント関係者であり男性5人、女性2人であります。政府としては、対応に万全を尽くしてきましたけれどもバングラデシュの発展のために尽力をされた方々がこのような結果に終わったことは、痛恨の極みであり残念至極であります。

お亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りを申し上げます」

会員限定記事会員サービス詳細