おめでた続き朝ドラ「べっぴんさん」 映像担当の清川あさみ氏が妊娠報告 脚本・渡辺氏の出産に続き

おめでた続き朝ドラ「べっぴんさん」 映像担当の清川あさみ氏が妊娠報告 脚本・渡辺氏の出産に続き
おめでた続き朝ドラ「べっぴんさん」 映像担当の清川あさみ氏が妊娠報告 脚本・渡辺氏の出産に続き
その他の写真を見る (1/2枚)

 NHK大阪放送局は30日、糸や布を用いたアート作品を創作する芸術家の清川あさみ氏(36)が、次期連続テレビ小説「べっぴんさん」のポスターやオープニング映像を手がけると発表した。会見では、清川氏が妊娠していることが明かされ、清川氏は「新しい命と一緒に物語を紡いでいければ」と笑顔で語った。

 自身も朝ドラのファンだという清川氏はポスター制作に関して、「宝物をひっくり返したような世界を表現」と説明。これから刺繍(ししゅう)を施す予定で、同時にオープニング映像の制作にも取りかかる。

 また、「このお話をいただいたとき、命を授かったばかりで驚きと同時に運命を感じました。すみれが女性として母として成長していく姿に私もリンクする部分があります。新しい命と一緒にモノづくりができているように感じてワクワクしています」と話した。出産予定は同ドラマ放送開始時期だという。

 脚本担当の渡辺千穂氏(夫はフリーアナウンサーの羽鳥慎一氏)も、1月の会見時に妊娠を発表、同月末に第1子を出産した。関係者のおめでたが続いたことで、ヒロイン・坂東すみれ役の芳根京子(19)は「幸せな報告が立て続けにあり、ご縁だなと思っています。すみれにも赤ちゃんがいる役柄なので、いろいろ話を聞きたい」と笑顔で語った。

会員限定記事会員サービス詳細