共産「人殺す予算」発言

共産党・小池書記局長「頑張りではね返すしかない」

藤野氏の辞任会見から一夜明け、囲み取材に応じる共産党の小池晃氏=29日、福岡市東区
藤野氏の辞任会見から一夜明け、囲み取材に応じる共産党の小池晃氏=29日、福岡市東区

 共産党の小池晃書記局長は福岡市での遊説後、藤野氏発言をめぐり、産経新聞など報道陣の質問に答えた。そこには参院選の期間中に飛び出た失言を早く挽回したいとの思いが透けて見えた。主なやり取りは以下の通り。

 村上智博・産経記者 先ほどの参院選候補の応援演説では、藤野保史氏の「人殺す予算」発言を取り上げなかった。なぜか

 小池氏 いちいち全部、言う話ではない。要は熊本地震や東日本大震災で役割を果たした自衛隊員の命を、奪ってはいけないということです。昨日(28日夜)も記者会見で謝罪もした。私も党としておわびを申し上げた

 村上「それで幕引きということなのか」

 小池氏「そういう問題じゃない。問われれば、答えていかなければならないとは思っています」

 村上「自民・公明両党は藤野氏の発言を問題視している」

 小池氏「それはこちらの頑張りではね返していくしかないですね」

 村上「藤野氏の発言について、街頭演説で一言でも触れたほうがよかったのではないか」

 小池氏「こちらからあえて触れる話でもない。その直前に『ここで自民党がそういう話をしていった』というときだったら、しますけれどね。そういうふうには聞いていないし