共産「人殺す予算」発言

音無しだった民進・山尾志桜里氏が「不適切」と批判 番組ではなぜ沈黙?

民進党の山尾志桜里政調会長(斎藤良雄撮影)
民進党の山尾志桜里政調会長(斎藤良雄撮影)

 民進党の山尾志桜里政調会長は29日、自身を含む各党の政策責任者が出演したNHK番組で防衛費を「人を殺すための予算」と述べた共産党の藤野保史氏が党政策委員長を辞任したことを受け、「不適切だった。多くの国民の思いとかけ離れた発言だった」と述べた。番組内で各党が藤野氏に発言撤回を促すなか、山尾氏が沈黙を守った理由については「司会から問われれば『不適切だと思う』と申し上げるつもりだったが、複数の政党の皆さんからその旨の示唆もあった」と説明した。千葉県内で記者団に答えた。やりとりの詳報は次の通り。

 --共産党の藤野氏が辞任した。野党4党で戦っている参院選への影響は

 「私も藤野さんの番組内での発言は不適切だったと思う。多くの国民の思いとかけ離れた発言だった。自衛隊の皆さんにはたいへん不快な思いを与える発言だった」

 「ただ、藤野さんも、そう間を空けずに責任をとって職を辞し、きちっと謝罪もしている。それはそれとして受け止めて、この選挙に対して市民と野党の共闘で受け皿を一本にできるところは共に戦っていくということについては、影響はないと思っている」

 --安倍晋三政権側からは共産党と組む民進党批判も出ている

会員限定記事会員サービス詳細