共産「人殺す予算」発言

「一緒に戦う政党の気が知れない」 新党改革・荒井広幸代表が民進党に皮肉

新党改革の荒井広幸代表(長尾みなみ撮影)
新党改革の荒井広幸代表(長尾みなみ撮影)

 新党改革の荒井広幸代表は28日、共産党の藤野保史衆院議員が26日のNHK番組で防衛費を「人を殺すための予算」と発言を取って引責辞任したことをめぐり、「その場にいたが、辞任は当然だ」と述べた。

 その上で「共産党と連立を組むのは怖い。一緒に戦う政党の気がしれない」と述べ、参院選で共闘している民進党を皮肉った。産経新聞の取材に答えた。

会員限定記事会員サービス詳細