【英EU離脱】安保環境「厳しさ増す」と認識共有 日米外務次官が会談 「無用な影響」回避を確認  - 産経ニュース

メインコンテンツ

英EU離脱

安保環境「厳しさ増す」と認識共有 日米外務次官が会談 「無用な影響」回避を確認 

 【ワシントン=加納宏幸】訪米中の杉山晋輔外務事務次官は27日、ブリンケン米国務副長官と国務省で会談し、英国の欧州連合(EU)離脱問題に関し、国際社会に「無用な大きな影響」を与えないよう、日米が連携して最大限の努力を行っていくことを確認した。会談後、杉山氏が記者団に明らかにした。

 両氏は、日米双方にとり英国が「基本的な価値を共有し、政治、経済、安全保障などさまざまな分野で強固な協力関係にある重要な国」であるとし、日米で離脱交渉に関する情報収集に努め、協調した行動をする方針で一致した。

 また、北朝鮮の核・ミサイル問題、東シナ海や南シナ海への中国の進出によってアジア太平洋地域で「安全保障の環境がより厳しさを増している」との認識を共有。日米同盟の強化に加え、北朝鮮問題で日米韓の連携を図ることを確認した。