安倍首相「とんでもない侮辱だ」 共産の防衛費は「人殺しの予算」発言に

藤野保史・共産党政策委員長=東京・日本共産党本部(古厩正樹撮影)
藤野保史・共産党政策委員長=東京・日本共産党本部(古厩正樹撮影)

 安倍晋三首相は26日午後、長野県茅野市のJR茅野駅前で演説し、共産党の藤野保史政策委員長が同日のNHK番組で防衛費に関して「人を殺すための予算」と発言したことについて、「とんでもない侮辱ではないか」と強く非難した。

 また、志位和夫委員長らが、自衛隊を憲法違反とし、将来的な解消を主張していることについて「こんなことが通るわけはない。あまりにも無責任、失礼な発言だ。この共産党と民進党は、まさに一体となってこの選挙区でも戦いを進めている」と批判した。