試乗インプレ

21世紀の国民車 新型プリウス、売れまくってるけど肝心の走りはぶっちゃけどうなの?(前編)

【試乗インプレ】21世紀の国民車 新型プリウス、売れまくってるけど肝心の走りはぶっちゃけどうなの?(前編)
【試乗インプレ】21世紀の国民車 新型プリウス、売れまくってるけど肝心の走りはぶっちゃけどうなの?(前編)
その他の写真を見る (1/45枚)

 トヨタ自動車の新型プリウスが売れている。昨年12月の販売開始以来、5月までに6カ月連続で新車販売台数1位を獲得しているのだ。だからといって、読者の皆さんはそのことについて驚かないだろう。プリウスは今や国民車ともいうべき身近な存在。売れて当然と思われているのだ。「だって燃費がいいし、先進技術を搭載しているし…」。確かに従来のモデルはそこがウリだったが、どうやら今回デビューした4代目はそれ以上に高い評価を得ているようだ。日本一売れる人気の秘密を探るため、東京-横浜間をドライブしてみた。前編では外観やロードインプレッションをお届けする。(文・大竹信生 写真・瀧誠四郎)

外観を大幅チェンジ「えっ、これがプリウス?」

 エンジンとモーターを組み合わせて走るハイブリッドカー(HV)は、エコカーの代表格ともいうべき存在。そして、1997年に初代モデルがデビューしたプリウスが量産型HVの先駆者であり代名詞的存在であることは、言わずと知れたことだ。

 そんなザ・エコカープリウスが昨年末にフルモデルチェンジを実施した。これまで通りハッチバックセダンであることに変わりはないが、大変身を遂げたエクステリアは多くの人を驚かせたのではないだろうか。筆者もあまりの変わりように「えっ、これがプリウス? 攻めてるなあ」と仰天してしまった。

会員限定記事会員サービス詳細