原発最新事情

「マムシの善三」佐々木弁護士は原発事故検証でも「第三者」だった! 「炉心溶融隠し」会見でも記者の質問を遮って…

 さらに疑問だったのが「官邸側の要請」という指摘だ。当時の官邸側に問いただしたかと思えば、検証委は「調査権限がない」として全くヒアリングすらしていなかった。記者からすると、相手方の言い分を聞かずに一方的な記事を書くのは、ジャーナリズムの基本にもとる。

 田中弁護士は会見で「時間がなかった」とも繰り返した。官邸側の人物や具体的な指示内容など詳細も解明できていない。

 案の上、当時の官邸側は激怒。官房長官だった民進党の枝野幸男幹事長が「不誠実な調査結果だ。私や菅直人元首相への名誉毀損だ」と反論し、党として東電や検証委に対する法的措置を検討する考えを明らかにした。

 特に参院選前だったこともあり、枝野氏は「不誠実な調査結果を公表することは、選挙妨害の疑いも免れない」とも指摘した。

会員限定記事会員サービス詳細