台湾、蔡英文総統が初外遊に出発 「堅実外交」実施へ

台湾、蔡英文総統が初外遊に出発 「堅実外交」実施へ
台湾、蔡英文総統が初外遊に出発 「堅実外交」実施へ
その他の写真を見る (1/2枚)

 【桃園=田中靖人】台湾の蔡英文総統は24日午前、就任後初めての外遊のため、台北近郊の桃園国際空港をチャーター機で出発、中米パナマと南米パラグアイに向かった。蔡氏は出発を前に談話を発表し、「地に足のついた『堅実外交』が新政権の外交思想だ」と述べた。

 蔡氏は「台湾の外交空間は限られているが、われわれが世界とつながろうとする意志に限りはない」と強調。外遊で「台湾の目に見える度合いを高める」と意欲を示した。

 蔡氏は米東部マイアミを経由し25日午後(現地時間)にパナマに到着。米議会議員団と会談した後、26日にパナマ運河の拡張工事の完成式典に参加、27日にはバレラ大統領と会談する。パラグアイでは28日にカルテス大統領らと会談、国会で演説する。30日に同国を出発、米ロサンゼルスを経由して7月2日、台湾に戻る。

会員限定記事会員サービス詳細