【参院選】生活・山本太郎代表「なんて生きづらい世の中なんだ。あなたらしく生きてていい、という世の中を目指したい」(3/8ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

参院選

生活・山本太郎代表「なんて生きづらい世の中なんだ。あなたらしく生きてていい、という世の中を目指したい」

 経済を良くするためにはどうするか。個人消費を押し上げるしかない。でも、個人消費どころじゃない人たちがたくさんいる。ワーキング・プア。安倍政権に入ってから1100万人を突破した。年収200万円以下。それだけじゃない。非正規労働者、4割超えてます。4割非正規労働者。平均の年収は170万円ぐらいですよ、だいたい。それで保険払っていろんなもの払って、家賃、食費、光熱費…。一体いくら残るんだ。残りませんよ。貯金ゼロ世帯が3割。若年層は貯金ゼロ5割。この国、このままいったらどうなるか。格差がますます広がっていく。

 この国を本当に持続可能な形に回していくならば、まず税金の取り方を変えなきゃいけない。取れるところはある。企業は税率の半分以下ぐらいしか払っていないんですよ。あまりにもあり得ない不公平。これを是正していきましょうよ。

 そして、エネルギーのあり方。どうして原発がやめられないか。全ては政党と、そして官僚と、そして経済界、利害が一致しているからですよね。皆さんのリスクになることしかない原子力が、安全性も何も担保されていない原子力が、この後も再稼働され続ける。いつ地震が来るか分からない。南海、東南海、首都圏直下、東海地震、いつ来てもおかしくないような状況にあるのに、どうして原発をとめられない。