衝撃事件の核心

「ハンバーグから歯!」大手ファミレス〝異物混入〟訴訟の意外な決着

一方の男性は、かつてインプラント手術を受けたかかりつけのB歯科を翌日と翌々日にわたり受診。改めて人工歯が2本とも外れていることが確認された。

さらに店のマネジャーが保存していた「歯のようなもの」をB歯科に持ち込んで洗浄すると、それはピタリと男性の口にはまった。ここに来て、男性が「歯のような異物」と認識していたものが、自身の人工歯だったことが明らかになる。

異物混入〝原因〟は不明

それでも、男性は納得できなかったようだ。

異物がないのであれば、なぜ人工歯が2本も外れたのか。かた焼きのせんべいを食べていたわけでもない。

男性は保健所にも通報した。

「ファミレスでハンバーグを食べたところ、固い異物をかんで歯が欠けた。異物は奥歯のようだった。自分のではない」

騒動から3日後、保健所はファミレス店舗で立ち入り検査を行った。職員は調理場のほか、冷凍保存されていた食べ残しのハンバーグ、付け合わせ、ライスも調査した。

男性は保健所に対し、外れてしまった自分の人工歯の表面に「白くて硬い、小さい異物」が数個付着していたと説明していた。それが異物の残渣だという主張だった。

だが、ファミレスの調理器具や設備を調べてみても、白くて硬い物質に該当しそうなものは見当たらなかった。

ハンバーグ自体は、工場で成形され、店舗で加熱調理されていた。男性が食べたのと同じ日だけで181食提供されたが、同様の苦情はなかった。

結局、保健所は「異物混入の経路と発生原因の特定には至らなかった」との判定を下す。要するに、原因は不明-。

会員限定記事会員サービス詳細